多面的なソリューションサービスから最適なビジネスモデルを創出します

テクノプランは創業以来、豊富な業務知識が求められる大手企業のシステム開発に携わっています。プロジェクトの特性がどこにあり、マーケット動向や企業が関わる文化的現状とはなにか。オープンシステムにも柔軟に対応できるノウハウを蓄積し、豊富な実績を築いてきました。

設計から開発、納入、運用、管理・保守まで一貫して対応できる体制にあり、お客様の経営戦略と連動させたソリューションをご提案しています。

商品開発をはじめ、関連業種のマーケティングや現状システムの客観的評価など、課題を共有した「ソフトウェアパートナー」としてもご支援。

当社開発システムの運用技術をアシストする「エデュケーションサービス」など、テクノプランのソリューションは単なる業務のシステム化ではありません。上流工程から下流にいたるまで、どのプロセスからも参画、提案できてこそ、情報環境を活かすことができるのです。

今後も最適なビジネスモデルを創出できる、付加価値の高い多面的ソリューションをご提案します。

ソリューション・フロー

ビジネスモデルの特性に応じて上流工程から対応できるプロジェクトチームを構成。設計から開発、運用、管理・保守まで、課題を随時把握できるワークフローです。

sflow01 個別企業ごとの情報システム戦略にもとづき、必要とされるそれぞれのシステムを検討します。
そして現状の作業工程やシステムについて調査し、問題点、課題を分析します。その解決策と、システム要求を検討します。
sflow02 システムにおける機能の構造と、個々の機能の使いやすさについてデータを利用するユーザーの立場から検討します。
基本設計をもとに、ソフトウエア内部での処理について設計し、プログラマーに対して具体的な作業指示を出していきます。
sflow03 内部設計仕様書に基づいて、そのシステムに最適な言語でプログラムを作成します。そして個々のプログラムの検証する単体テストを行います。
sflow04 結合テストでは複数のプログラム間でのデータのやりとりを検証し、総合テストでは全てのプログラムを統合して、システム全体の機能を検証します。
sflow05 完成したシステムが実際のシステム環境で動作するかの検証を経て、実際の利用者に画面の操作方法や運用管理の指導を行ったうえで納品となります。
その後は常に作動状況の確認をするなどのサポート体制を構築し、必要に応じて改善提案を行います。